ディープラーニング分科会開催のお知らせ

0

ディープラーニング分科会を2回に分けて開催します。

第1回は、ディープラーニングのプログラミングによく使用される、Pythonの使い方を修得します。

  1. PythonのライブラリであるNumpyを使用して、行列計算ができるようになることを目指します。
  2. Pythonの辞書の構造を理解して、API接続でRESASからビッグデータの取得ができるようになることを目指します。

第2回は、ディープラーニングのプラットフォームであるTensorflow, Keras及びchainerの使い方を修得します。

  1. TensorflowとKerasを使用して、アヤメのデータの機械学習と識別ができるようになることを目指します。
  2. 同様にchainerを使用して、アヤメの識別を行います。

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です